大阪で呑む(立ち飲み屋3軒+座り飲み1軒行った話)

福岡→大阪→新潟

福岡から新潟までの乗り継ぎで大阪に行くことになり、せっかくだからと街に出て飲んできました。
(LCCで安く行けたので)
新世界→日本橋→なんばまで歩いていこうと思い、関西空港(KIX)からJRで新今宮まで向かいます。
(後から判明しましたが、なんばに行くのだったら南海で行った方が安かった!関西空港駅の乗り場わかりづらい!
でもよく考えたら成田空港もJRと京成が相当わかりづらいですよね)

色々キレイになる大阪の街

それにしてもバイオレンスシティと名高い新今宮も綺麗になったものです。星野リゾート進出の影響もあるのでしょうか。
そんな中でもAM8時から営業というホルモンマルフクは15時ですが満席のため、次の機会に。

マルフク – 動物園前/ホルモン [食べログ]

通天閣の下もお土産屋とかできていて、大分変わりました(写真撮り忘れました)。
「新世界市場」も新世界マーケットの噂を聞いていますが、面白そうですね(写真ボケてます)。

なんばで飲む

さて「大阪の秋葉原」日本橋を通り過ぎ、なんばに到着。
まずは「スタンド三国」で腹ごしらえと喉潤し。
いつでも生ビール・ハイボール190円というハッピープライス。
ビール3杯飲んで、串カツ食べて、焼き鳥食べて、1,400円。素敵です。

スタンド三国(なんば/居酒屋) – Retty

十三で飲む

ここから大阪メトロに乗って、阪神電車に乗って、第3のバイオレンスシティ(褒め言葉です)十三へ向かいます。
以前大阪に出張で来た時にホテルがたまたま十三で、猥雑な下町風情が気に入り、3回目の訪問です。

奇跡の角打

最初は角打の「イマナカ酒店」さんへ。
角打と言いつつもフロアは広く、老若男女30人くらいがカウンターとテーブルで飲んでます。
テレビはもちろんタイガース戦。すっかりやられており「今日は1ヶ月早い敗戦記念日や」との声も。
雰囲気・風情共に昭和です。
ビール大瓶400円、お酒220円とこれまた昭和プライス(値上げした、とは書かれていますが)。
おでん(関東煮)とマカロニサラダもいただいて、お代は1,010円。もう住みたい。

イマナカ酒店 (いまなかさけてん) – 十三/居酒屋 [食べログ]

すっかりはしご酒

すっかり気を良くして、もう1軒。「富五郎」さんへ。
こちらのお店はCOD。
この雰囲気、また昭和感。横須賀中央駅周辺の飲み屋に似ていますね。
なのに名物はカルパッチョ(いただいておりませんが)。
飲んで食べて、1,990円也。

富五郎 (とみごろう) (十三/居酒屋) – Retty

ここでまた気を良くして、しょんべん横丁へ繰り出します(正式名称?はトミータウンというみたいですが)。
そういえばこの横丁、火災で1回焼けちゃったんでした。
そこからまた戻ってきて再開されたという「十三屋大光」さんへ。こちらは立ち飲み。隣も「十三屋」さん。こちらは座り飲み。
またビールを頂いて、お酒をいただいて、土用の丑だったので鰻セットを頂いて。多分お会計は千何百円。


(もう酔っ払っていてなんの写真だかわかりません)

十三屋 大光 (ジュウソウヤ ダイコウ) – 十三/居酒屋 [食べログ]

この後、なぜか徳島ラーメン食べてホテルに戻るのでありました。
都合5,000円くらいで満喫してしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA