Macbook Pro(M1 Pro、2021)にparallels desktopでARM版windows11を導入(しましたがまだ実用化できず)

少し特殊な使い方ですが

これまでMacにparallels desktopを入れ、windows10からラベルプリンタ(ブラザーTD-2130N)と、スキャナ(富士通ScanSnap S1500)を使っていました。

富士通 ScanSnap S1500
BrotherラベルプリンタTD-2130N

MacのチップがintelからAppleシリコン(ARM)に変わったのは周知の通り。
これまでの仮想マシンは使えなくなりましたが、周知の通りParallelsがARM対応して(17以降)Windows(11も)を入れられるようになりました。

早速Parallelsをインストールして、Windows11(ARM版プレビュー)を入れてみます。
インストール自体はガイダンスに沿っていくだけでスイスイ進んでいきます。
(Windows Insiderへのログインも必要ありませんでした)

さあ環境を整えようとしたところ・・・

ARM版のWindows11は(やはり)制約がまだ多い

ところがTD-2130N、ScanSnap S1500、両方ともドライバが非対応で使えません!(win11には対応しているものの、ARMにはまだ対応していない模様)

気休めにEpic Gamesを入れてみたものの、まともに動きません(解像度とかチューンしていないからかも)。
Windowsですることがなくなってしまいました。

ARM版の進化を待たなければ

万事休すかと思われたのですが、ScanSnapの方はMacのアプリケーション64ビット化で古いドライバがディスコンになっていたのが、まさかの64bit版ScanSnap Managerが復活!

ラベルプリンタはドライバのARM対応待ちでしょうか・・・。
Windows10も試してみた方が良いのかどうか(従前のIntel版の仮想マシンはそのまま以降できないので、Intel Macでまた環境作らないといけないのですが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA