IT導入補助金 三次公募 第七回 採択結果発表(平成29年度補正最終)

ついに最終回!今年のナントカ、今年のうちに?! 第七回採択結果

2018年12月28日にIT導入補助金三次公募の第七回(本年度最終)の採択結果が発表されました。
三次公募第六回の採択件数は最後の最後の掘り起こし!、前回比約1.5倍の9,489件でした。
(大納会の日経平均に倣って1万件を目指した匂いが・・・でも事業実施期間は2019年1月31日までなんですが・・・)

一次の9,248件二次の11,693件三次-1の3,171件三次-2の4,810件三次-3の5,444件三次-4の6,755件三次-5の6,268件、三次-6の6,116件に今回の三次-7を加えて、合計採択件数は都合62,994件となりました。
中小企業者数が約380万社として約2%の事業者に恩恵が行き渡ったことになります。バンザイ!

全て満額回答(補助額50万円)として約315億円。予算消化率63%まで追い込みました。
事務局運営費で1割くらいとしてなんとか7割越えは達成し、面目躍如で次年度への橋渡しはできそうな雰囲気です。

平成30年度の補正予算案でも「中小企業生産性革命推進事業」の中に「サービス等生産性向上IT導入支援事業」の文字が・・・

中小企業・小規模事業者等の生産性向上を実現するため、バックオフィス業務の効率化や新たな顧客獲得等の付加価値向上(売上向上)に資するITツールの導入支援を行います。

とのことで、補助率は変わらず1/2ですが、補助上限は9倍の450万円に!

今まで額が中途半端すぎて使いづらいと言う声が多々聞こえてきましたが、今度はソフトウェア(サービス)だけでこの額使い切れるの?といった風情です。
ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス生産性向上促進事業)、持続化補助金(小規模事業者持続的発展支援事業)と同じ枠組みで、総予算額は1,100億円。
ものづくりに大分持っていかれると思うので来年度は小花火でしょうか・・・
またスキームが見えたら確認してみたいと思います。

ともかく採択事業者・採択IT導入事業者、諸関係者の皆さま、まずはお疲れさまでした!
(まだ事業実施期間終わってないけどね!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA