TIF(Tokyo Idol Festival) 2018に参戦してみた

お台場なんて何年振りだろう

8月3日〜5日に「世界最大のアイドルフェスティバル」Tokyo Idol Festival(TIF)が開催されていたので、都合の合った8月5日に初めて行ってみました。
(というより某ねぎグループのため、合わせてしまいました笑)

超有名どころ、名前を知ってる、初めて聞いた様々なアイドル総勢207組が出演、全8ステージ、タイムテーブルは(出演者の入れ替えも含めて)15分とか30分とか超過密。
一体どんな雰囲気なのか、1日(正確には半日)の流れをまとめてみます。

11:00〜 新橋到着


新橋で気付けに昼飲みでもしようかと思いきや、ニュー新橋ビルも飲み屋街も週末の真昼間にやってる店なんか見つかりません。
仕方がないので日高屋で餃子定食(なぜ餃子にしてしまったのでしょう)とホッピー1セットを頂き、ゆりかもめへ。

12:00〜 ゆりかもめ乗車

ゆりかもめは観光の外国人の方々でごった返し。
昼も過ぎていたこともあって、目的地が同じような人は見かけず(分からず)、なぜか若干ヤンママ的な方々が乗っていたのはこのイベントも同時開催だったからですね。ギャップがすごい笑


(遠くに写っているのが、その居酒屋えくざいるPARKみたいです)

12:30〜 TIF到着!

テレコムセンター駅で降りて、人の流れに沿ってフジテレビ湾岸スタジオ方面に進みます。
湾岸スタジオ横公園はすでに結構な盛り上がり。思ったよりオーディエンスが若い。あと女の子も結構いる。

無料でも観覧できるエリアがある(有料エリアの後ろ)ことをこの時点で知りましたが、まあアイドルさんへの対価は支払わないと(到底まかない切れるとも思えないのですが)。
リストバンドと交換し、さて誰を見に行こうかと思案します。それにしても暑い!
(余談ですが、どこにもタイムテーブルの記載がないので、スマホ片手に進まざるを得ませんが、またスマホ表示がステージ毎に1画面だからまあ見づらいこと見づらいこと・・・
仕方がないのでPDFで見たのですが、やっぱり見づらい!)

13:15〜 LinQに間に合わず〜sora tob sakana

右も左もわからず「DOLL FACTORY(湾岸スタジオ M2)」に行こうと思いきや、「SKY STAGE(屋上)」行きのエレベーターに乗ってしまい、上に到着したところで目的地が違うことに気づき、慌てて戻ろうとしますが、下りのエレベーターが結構な行列でタイムロス。

ようやく「DOLL FACTORY」についた頃にはすでにステージが始まっていて、福岡拠点のグループLinQのステージには途中入場できず列待ちとなりました。
楽曲とコールが聞こえる中、テンションを上げつつ待ちます。

その後入れ替えで、目当ての13:30のsora tob sakanaを鑑賞。
ひとしきり盛り上がった後、DOLL FACTORYを後にする際にヒヤロンをもらいました(それくらい暑い!)。ただいくら叩いても、冷たくならず・・・

13:50〜 「フェスティバル広場」へ移動

湾岸スタジオからダイバーシティ東京まで距離があるかな?と思いきや10分くらいでついてしまい、ダイバーシティの「フェスティバル広場」で13:50からの気になっていたフィロソフィーのダンスを鑑賞。名前は知っていましたが、ノーチェックだったので全く想像を裏切るグループだったことに驚き。

そのまま14:05からのこれまた福岡拠点のグループ、ばってん少女隊を鑑賞。こちらも前知識なかったのですが、スカっぽいリズムで元気になる系。楽しかった!

14:20〜 フジテレビ本社屋をフラフラ

実は初めてフジテレビ本社屋に来ました。1F広場のDREAM STAGEではHKT48(また福岡!)が大盛り上がりしている最中を裏でKIRIN THE STRONG飲みながら見てました。ステージは全く見えませんでしたが、ファンの熱量がすごい!これが48グループか・・・。

その後、15:20から先日解散がアナウンスされたTIF初回から出演のベテラン、バニラビーンズを観ようと思いましたが、「東京は夜の7時」の出囃子だけ聞いて、後ろ髪を引かれる思いでDiverCityのHOT STAGEを目指します。

15:25〜 HOT STAGEでベッド・インからのNegicco!

DiverCityのZeppに入ると(こちらも初めて)そこら中に「ここはZepp東京ではありません」の張り紙が。一瞬会場間違えた!と思い外に出てしまいましたが、これは普段用なんですね(Zepp東京はTIFの会場ではありませんでした)。

気を取り直してもう1度入ると、そこはバブル漂う「地下セクシーアイドル」ベッド・インのステージ生着替え中でした笑。90年代をリスペクトする彼女たちですが、楽曲は意外とShow-yaリスペクトを感じました。

すっかり毒気に当てられた後、ようやく本日の本お目当て、Negiccoのステージ!
(ステージレポは割愛します笑)

16:35〜 ベイビーレイズJAPAN〜sora tob sakanaへ

次の1手を悩みつつ、本社屋をぐるぐる回りましtが、再び湾岸スタジオに戻り、SMILE GARDEN(スタジオ横公園)で解散目前のベイビーレイズJAPANを拝観。なかなかのステージング。盛り上がりました。

その後本日2度目のsora tob sakana。コーラスのような微妙に不協和音のようなこの不思議感にハマってしまうのか?

19:10 大団円のNegicco SKY STAGE!

その後いそいそと湾岸スタジオ屋上のSKY STAGEに向かいます。1回間違えて入っていたので動線はスムーズでしたが、エレベーター降りた後にまた階段!3階、いや5階分くらい登ったのでしょうか?
登った甲斐もあり、そこは360度お台場、東京を見渡す夜景ビュー。

到着した時にはprediaのステージ。結構大人なグループなのですね。

その後、ようやく本日の大目当て、Negiccoのステージ2回目。
屋上で夜景を見渡す夕涼みの中、最後の曲は全員着座でしっとり聴きました。
初めてなのでこういうものかと思っていましたが、TIF史上初だったようで・・・いいもの観せていただきました。

〜21:00 IDOL CLUB NIGHTに巻き込まれる

しっとりと余韻深くいい気持ちで帰ろうかとフラフラしていると、SMILE GARDENではDJイベント。ちょっと寄って行こうかと中に入って出てきたのは、DJダイノジ
伝説のエアギター芸は見られるわ、「U.S.A」で踊り狂う羽目になり、余韻も台無しになる盛り上がりでした。

また来年?

それにしても半日よく頑張ったものです。これも夏フェスの1つの形。
「アイドル」の括りはあくまでも編成で、音楽カテゴリは多種多様。ステージングも多種多様。色々新しいものが見られて楽しかった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA