VR SENSEが大宮にあった

コーエーテクモの(無駄な)本気を見た(褒め言葉)

「戦国無双」「DEAD OR ALIVE」、「信長の野望」シリーズなどでお馴染みのコーエーテクノゲームスがその3D技術を世に示すためにリリースしたVRマシン、「VR SENSE」がたまたま行った大宮東口のタイトーステーションで発見!
1プレイ800円ですが、勢いもあってやってみました。

個室だったらヤバいかも笑

どのタイトルをプレイしたのかはあえて申し上げませんが、すごい近さと没入感と肌の質感、そしてなんてバカバカしさ・・・
(PS4の「サマーレッスン」がヤバいという噂は聞いていましたが、さらに輪をかけてヤバい!口開いてたかも)

もう何のタイトルだかお察しかと思いますが、
ミニゲームは、浮島に乗ってお互いが持ったロープを引いたり緩めたりしながら相手をプールに落とすつな引きゲームとか、
岩山を指示に従いながら登ってゆくロッククライミングゲームとか(相手を下から追いかけてゆくわけですね)、
妄想力がすごいとしか言いようがないです笑

残念ながらなぜかヘッドホンがなく、ゲームの仕方がよくわからないまま、最低ランクで終わってしまいましたが、
その後ランクに応じた「鑑賞タイム」がスタートし、何ででんぐり返しするの???とかますます没入しそうです。

とりあえず公式の動画しかないので貼っときますが、これは伝わらない!

是非無駄な技術の無駄遣いを体験するために実機に座ってみることをオススメします。
稼働店舗一覧はこちらから。

もっともっと色々なVRを体験しなければいけない、と思った次第です(連コインは何とかせずにすみましたが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA