macOS Catalina 10.15.5でバッテリー過充電防止機能

もうコンセント繋ぎっぱなしでも大丈夫?

すでにiOSでは搭載されていた機能ですが(最近「バッテリーは○○時にフル充電されるようスケジュールされています」って通知来ますよね)、macでもバッテリーの寿命を伸ばすためにバッテリーの過充電を防ぐ機能がmacOS Catalina 10.15.5(現在public preview)で搭載されました。

設定 > 省エネルギー のところに「Battey Health… 」のボタンが新しく増えています。
このボタンを押すとバッテリーのコンディション及びこのBattery Health機能のON-OFFが設定できます。

「詳しい情報…」ボタンをクリックすると、バッテリーについてとBattery Health機能を説明するAppleのウェブページが開きます(現在英語ですが)。


About battery health management in Mac notebooks – Apple サポート

(大体こちらのページと同じことが書いてあります)
iPhone の「最適化されたバッテリー充電」について – Apple サポート

大雑把にはバッテリーは経年劣化だけでなくバッテリー温度の変化や充電パターンで寿命が変わります、Battery Health機能はこれらのパターンをモニタリングしてフル充電を減らし、使用頻度に合わせた充電量をコントロールするといったことが書いてあります。

まだ入れたばかりですが、変化あるか様子見てみますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA