microSIMをnanoSIMにカットしてみた(SIMカードパンチ)

SIMカードのサイズが違うと差し込めない!(当たり前)

Mate7からMate20liteに機種変更したのは良いのですが(まだHUAWEI問題の予断は許しませんが)、
SIMカード、Mate7はmicroSIM、Mate20liteも今使っているiPadもnanoSIMだった!
DMMモバイルのWebサイトで確認してみたところ、SIM交換は有料とのこと・・・

SIMカード発行手数料3,000円/枚(税抜)とSIMカード準備料394円/枚(税抜)が発生いたします。

DMM mobileでSIMカードの種類変更をする際の注意点を教えてください

色々調べてみると、ICの部分はサイズは変わらず、サイズに合わせて切れば良いらしい。
「SIMカードパンチ(カッター)」なるものがあることを知りました。お値段もお手頃なので試してみることに。

(失敗するケースもあり、実施の判断は自己責任にてお願いします!)

SIMカードカットにチャレンジ

iPadとMate7からSIMを取り出して、

パンチにはSIMの切り込みの向きを確認する刻印が。

パンチにSIMカードを差し込んだ裏側(テープを貼って位置を固定した方が良いです)。

一思いにパンチを押し込み、カット!(結構力かかります)
切れました!バリを付属のヤスリで削ります。

再びトレーに戻して、iPadに装着してみると・・・無事認識されました!

(余談ですが、iPadのコントロールセンターがiOS12から右上を下にスワイプ(つまりiPhoneXシリーズと一緒)になったのですね)

しばらく使ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA