【Google Analytics GDPR】ユーザデータとイベントデータの保持

Googleアナリティクスを開いたらいきなり通知が出てきた

今まで青い帯が黄色になって鬱陶しいと思っていた方も多いと思いますが、今日に至ってはさらにいきなりロールオーバーで通知が出てきて面食らった方も多いのではないでしょうか。

You are receiving this notification because you have not yet reviewed and saved your Data Retention setting. This setting enables you to control the retention period for data you send that is associated with user identifiers, including cookies and
advertising ids.
We advise that you do so as soon as possible and we have
included the settings here for your ease of use.
These controls do not affect most standard reporting, which is based on aggregated data. (Learn more)

 

これまでアナリティクス内で、
管理>(真ん中列の「プロパティ」内)トラッキング情報>データ保持
を開いて、個人の動向を追えるデータ(クッキーや広告IDを使ったものも含まれます)の保持期限(デフォルトが26ヶ月です)を設定するよう、再三Googleからお知らせがなされていたのですが、(わたしも含めて)確認していない人が多数を占めると思われ、しびれを切らしたGoogleさんが、まだこの画面を開いていないアカウントに対して、とりあえず確認させる措置のようです。
(5月25日から運用開始です)

通知の中にもありますが、普通のアナリティクスで見るような統計データには影響せず、個々人のイベントまで追わないという方はほぼ影響しないと思われます(User IDを使ったものについては不明ですが、短期的なデータであれば問題ないかと)。

後から期限の設定を変えたいと思ったら

後からでも上記の
管理>(真ん中列の「プロパティ」内)トラッキング情報>データ保持
から期間の変更ができます。(14ヶ月、26ヶ月、38ヶ月、50ヶ月、自動的に期限切れにならない)
反映には24時間ほどかかるようなのでご留意ください。

「データ保持期限」の概略については下記からどうぞ。
【Googleアナリティクス】[Important Reminder] Review your data retention settings before they take effect on May 25, 2018

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA