Buffalo NAS LS-QLのネットワーク再設定(2020年版)

無線LANルータを変えたらルーティングが変わってしまう

Amazonの初売りでTP-Linkの無線LANルータを購入しました(初売り後もセール中)。
確かにセットアップはルータにブラウザからアクセスするだけで簡単だったのですが、気がつけばそれまで使っていたルータからさらにルーティングしてしまい、ネットワーク体系が変わってしまうという事態(ブリッジすれば良かったのですが、時すでに遅し)。

気がつけばNAS(BuffaloのLS-QLという骨董品)にアクセスできなくなっておりました。
なんとか復旧したので手順を書いておきます。

LS-QLネットワーク再設定

LinkStaionの初期化

http://buffalo.jp/support_s/guide2/manual/html/html/lsql/k_syokika_ql.html

1.ファンクションスイッチを押したまま電源スイッチを押し、電源をONにします。
 ファンクションランプが青色に点滅します(1分間)。

2.ファンクションランプが青色に点滅している間に、もう一度ファンクションスイッチを押します。
 初期化が開始されます。初期化中は電源ランプが橙色に点滅します。

(編注:ファンクションスイッチは電源スイッチの下のスイッチです。橙色(というか赤)に変わるまで幾分時間を要します)

初期化を行うと、IPアドレス、イーサネットフレームサイズ設定、管理者(admin)パスワードが初期化されます。LinkStation設定画面で管理者パスワードを初期化しない設定を行うと、IPアドレスとイーサネットフレームサイズ設定のみ初期化されます。他項目の初期化はLinkStation設定画面で初期化します。

(初期パスワードは英小文字で「パスワード」です)

とは言え、初期化時に管理者パスワードを初期化しないという設定もあるらしいので、過去に設定初期化で仕込んだ人は気をつけてください。

・LinkStationの初期化の操作を行っても管理者(admin)パスワードを初期化させたくないときは、下記[メンテナンス]-[初期化]画面で、初期化スイッチ設定(管理者パスワード)を[初期化しない]を選択し、[設定]をクリックしてください。

これでルータからのDHCPで自動的に取得されたIPに変更されます。

NasNavigator2のダウンロード

Catalinaにも対応していた!(ダークモードにも)

64bit化でディスコンかと思いきや、まさかのApp Storeからのダウンロード。

>https://apps.apple.com/jp/app/nas-navigator2/id450664466?mt=12

ファイル > 機器設定画面を表示 から

「IPアドレス」タブで任意のIPを設定後、(管理者パスワードも忘れずに)メイン画面の「再検索」で無事IPが変更できたことが確認できると思います。

(出てこない場合はもう1度押してみてください)

とりあえず従前の環境は整いました。
遅延などが生じるようであればもう1回ブリッジ設定にやり直してみようかと。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA