古いiMacにAirPlayでiPhoneなどの画面を表示

iMac(27インチ、late2012)をどうするか

古いと書いてしまいましたが、まだ現役稼働中です(内蔵HDDはイカれましたが、外付けSSDにしたら快適になってしまい延命中)。モニターも大きいのでノートよりも作業は捗ります。
ただここのところレインボーカーソルのくるくるが頻繁に出るようになり、その上macOS Big Surからはアップデート対応外されてしまいました(Catalinaまで)。
そろそろ潮時・・というか新M1 iMac(いいですよね!)が気になっているのですが、かつこの27インチをただ片付けるのもしのびなく、何か使い道がないかと考えました。

ターゲットディスプレイモードは敷居が高い

最初はターゲットディスプレイモードでデュアルディスプレイ化も考えたのですが、Thunderbolt to Thunderboltケーブルが必要なのと、OSをBig Surから3つ前のHigh Sierraまで戻さなければならないのが難点(デグレードすると萎えるんですよね・・・)。

iMacをAirPlayの受信機(レシーバ)にするのは?

うちにはテレビがないのでAppleTVなどは使えませんが、もしかしたら代替できるんじゃと思いたち、調べてみるとソフトウェアで対応できることが判明。下記3つが見つかりました。


X-Mirage 2(有料、2,016円。Windows版もありバンドルで3,544円)


LetsView(個人利用の場合は無料)


AirServer(有料、2,300円)

いずれもデバイスが同じwifiネットワーク下にあれば利用可能。
X-Mirageは15日間、AirServerは30日間の無料体験がついていたので比べてみることにしました。
(ちなみに次のmacOS montereyからはOS標準でmacをAirPlayレシーバにできるそうです。今のところ関係ないけどね!)

検証結果

そのままAirPlay(画面をミラーリングするだけ)

ソフトウェアを立ち上げ、iOSデバイスのコントロールセンターから「画面ミラーリング」でiMacを選択。
X-MirageとAirServerは結構サクサク動きます。LetsViewは若干もっさり。


ストリーミングの方法がそれぞれ違うらしく、動画が表示されるアプリだと
AirServerとX-Mirageは僅かながら画面と音声がズレている印象、
LetsViewはiMac上での画面と音声はズレないもののデバイスとの表示がズレてました(最終的には2〜3秒の遅れ)。

AirPlayで動画を表示

AppleTV(アプリ)

X-Mirageは特に問題なく再生。
LetsViewも再生はできるのですが、なぜかその後に画面が縦に戻りません。


AirServerは横画面になったタイミングでなぜか落ちてしまいます。
※補足:どうもAirServerは現状DRMがかかっているコンテンツは転送できないようになっているとの説明がありました。Huluで試してみましたがやはり繋がらず、Netflixとかも怪しいですね。
→ HuluはX-MirageもLetsVIewもNGでした。AirPlayの仕様のようですね。

YouTube(アプリ)

AirServerは問題なくAirPlayで再生。
X-Mirage、LetsView共に動画を再生しようとAirPlayに接続した途端落ちてしまいます。
(X-Mirageは「問題が発生しました」の表示、LetsViewは画面が真っ黒に)

Androidをキャスト

どうせならとAirServerとLetsViewはAndroidともGoogleCastやMiracastや接続できそうなのでやってみました(X-MirageはAirPlayのみ)。
ただ端末のMiracastではiMacが見つかりません。
それぞれ専用のアプリをAndroidにインストールすると、確かにミラーリングはできましたが音は端末から鳴ってます(iMacから出力されない)。
調べてみると、Androidアプリから音の外部出力は認められておらず仕様だそうで・・・

m mirroring my Android phone but I can’t hear any sound : AirServer

別案でAirServerだとGoogle Homeアプリを試してみるようありました。
これなら音も出る!のですが、なんかちょっとカクカクしている気も・・(どうやらWiFiの問題のようです)

ついでにマルチディスプレイとしても使えるか?

別のMacの画面をAirPlayで飛ばせるので、これも試してみました。
AirPlayで接続した後「個別のディスプレイとして使用」すれば、マルチディスプレイになります。

結果はiOS端末と同様、AirServerとX-Mirageはなんとか使えなくもないかなという感じ、LetsViewはちょっと遅延が厳しかったです。

結果として選べません

結果として用途によってベストとなるツールが変わってしまい、決められないという結果になりました。
まあまだM1 iMacも決めていないので、もうしばらく悩んでみることにします(M1Xも噂されているし・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA