wma(windows media audio)ファイルがiTunes12では取り込めなかった件

CD買ったのに聞けない!

かつてはフロッピーディスク(古い)、そして光学ディスクまで本体から葬り去ったMacを使っておりますが、確かに「普通の人はCDなんてもう買わなくなった」訳ではありますが、最近そのアイドルグループのCDを買ってしまい、途方に暮れておりました。

Windows Media Player!

仕方がないので仕事場のWindows7でとりあえず取り込もうと、なんの気もなくCDを入れたら、立ち上がったのがWindows Media Player!懐かしい!
ノスタルジーに浸りながら取り込み後、フォルダをOneDriveに突っ込んで帰宅。
ここでもう少し確認すればよかったのですが・・・

w・m・a!

家に帰りフォルダを開けると、なんと拡張子が.wma!!!
久々に見ました。
ダブルクリックするとiTunesではなく、QuickTime Playerが立ち上がるのですが、敢え無く聞けず。

一昔前だとサードパーティのプラグインなどもあったかと思ったのですが、そんなものもありません。
iTunesのアイコンに突っ込んでも、うんともすんとも言いません。

ヘルプページはあるものの・・・

色々ネットを探すと、「変換できる」というヘルプページもあったのですが、その通りにやって見ても如何にもこうにも取り込めず。

iTunes 11 for Mac: WMA
iTunes で曲を別のファイル形式に変換する – Apple サポート

windowsの場合はWindows Media Playerがあれば取り込めるようですが、Macは既に存在が消えております・・・
万事休す。

結局

仕方がないので、変換ツールでwmaをmp3に変換して取り込みました・・・

Windows Media ファイルを Mac で再生する – OneNote for Mac

一番最初に気づいていれば良かったのですが、Windows Media Playerで取り込むときにmp3で取り込んでおけば良かったのですが。

結局光学ドライブを買ってiTunesに取り込みましたとさ。
こうなったらCD買うぞー!いいアルバムですよ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA