行きたい場所をevernoteで管理してみる(Microsoft To-Do、Wunderlistも)

仕事柄、話だけでは現場をみないとよくわからない、体感できないことが多いので、行きたい場所リストをmicrosoft To-Doで管理しているのですが、
正直前身のWunderlistの方が使いやすかったです。
Microsoft To-Doは変にMicrosoftアカウントと紐づけてしまったために挙動が重く、通知もなんだか来たり来なかったり。
おまけにMicrosoftの他のサービスとも特に連携されている訳でもない。
WunderlistがMicrosoftに買収されて、サービス終了するというので移行したのに、いまだに両方ともサービスが継続している状態。

それはともかくWeb記事などで行きたい場所を見つけてリストに追加しておいても、一覧を見直すのには役立つのですが、いざ行こう!となった時に元記事が見つからず、行ってはみたものの改めてWebで調べ直すとかが起こっておりました。

今年は一歩進めてまずはWeb記事をEvernoteにクリップ。
webクリッパーfor chrome
「行きたい場所」のタグをつけて保存しておいて、実際行ける時になったらノートやタグでその場所をまとめてみる。
これで行けるかな?
(ノートをわざわざ作るのではなくて、タグのショートカットを作れることが今わかりました)

せっかくEvernoteのプレミアム会員なのだし、もっと使い倒してみたいと思います。
(名刺管理に、Scansnapで垂れ流し→Evernoteに放り込むのに必要なので)
ただ適当につけたタグが散乱しているのですが、これはこれで整理した方が良いのでしょうか。
使いながら、考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA