IT導入補助金2019 2次公募採択結果発表

採択はどうやら狭き門になった模様

中小企業の生産性向上を掲げたIT導入補助金2019の2次公募の採択結果の発表が2019年9月6日(金)にありました。

1次はA型(補助額上限150万円未満)が3,756件、B型(補助額上限450万円)で442件でしたが、今回の2次はA型が2,951件、B型が237件と、A型fが前回の8割、B型が5割程度となりました。

「IT導入支援事業者(ベンダ)」及び提供する「ITツール」が1次の時よりもルール変更の全貌が見え、増加したことを考えると、前回5割くらいと言われていた採択率も、2〜3割の狭き門になったことが推測されます。

今年度は予算消化で無事(?)終了!

3次の募集はアナウンスされていないので今年は100億円の予算を使い切ってこれで打ち止めと思われます(PayPayのキャンペーンみたいな話になっていますが)。

1次で予算の半分くらいを消化したのではと踏んでいましtが、2次の採択件数を見るともう少し1次の時点での消化率は高かったと伺えます。
補助額がA型で平均90万円、B型で限度額の450万円で計算すると大体辻褄が合う計算になり、申請方法(経営診断ツールと付加価値産出計画)と審査期間を考えると設備投資が大きい順に採択した?なんて穿った見方もしたくなります。

まあ昨年度のIT導入補助金2018が都合9回募集して、採択率9割以上、しかも予算大分余ってしまうという体たらくだったので、補助金の体裁としてはある程度面目が保たれた、ということなのでしょう。
(それでも金融庁、会計監査員的には「ふざけるな!」という感じなのでしょうが)

都道府県別採択結果

当サイトでは恒例の都道府県別採択結果もまとめてみました。

A型B型ともに東京都、大阪府、愛知県、福岡県、兵庫県、神奈川県の6都府県が安定のトップランカーです。
東京・大阪・福岡はともかく、愛知、兵庫、神奈川もITに関心が高いエリアなのでしょうか。
また下位を見ると2018同様島根・鳥取が安定(失礼)なのですが(ベンダが少ないのでしょうか)、B型の0件地域には普段中位の新潟・沖縄などが入っているので、また穿った見方をしてしまいそうです。

A型 B型
北海道 78 6
青森県 26 0
岩手県 27 0
宮城県 45 3
秋田県 19 4
山形県 27 1
福島県 40 2
茨城県 70 3
栃木県 47 7
群馬県 54 7
埼玉県 94 7
千葉県 73 9
東京都 338 44
神奈川県 152 10
新潟県 50 0
富山県 31 3
石川県 53 4
福井県 31 1
山梨県 16 1
長野県 57 3
岐阜県 59 2
静岡県 75 4
愛知県 188 19
三重県 47 4
滋賀県 39 2
京都府 77 4
大阪府 250 29
兵庫県 113 11
奈良県 32 1
和歌山県 18 1
鳥取県 17 0
島根県 16 0
岡山県 79 2
広島県 72 4
山口県 34 1
徳島県 12 0
香川県 28 1
愛媛県 49 0
高知県 16 3
福岡県 110 17
佐賀県 33 0
長崎県 43 6
熊本県 88 5
大分県 41 2
宮崎県 27 2
鹿児島県 41 2
沖縄県 19 0

同様の取り組みは続く、のか?

経済産業省の令和2年度予算の概算請求、中小企業関連施策で「共創型サービスIT連携支援事業」というものが謳われています。

中小サービス業等の分野で、ITベンダーと中小企業等が共同で既存のITツールの組み合わせ等を行い、当該ITツールの汎用化による業種内・他地域への横展開を目指す取組を支援する。

出典:経済産業省「令和2年度 地域・中小企業・小規模事業者関係の概算要求等のポイント」(PDF)

とりあえずベストプラクティス(と思われる)パッケージを入れて生産性向上しなさい!という向きはまだ続きそうです。
ただ規模が20億で、まだ概算請求なのでどうなるのかはさっぱりわからず、補正予算も含め、引き続き動向を伺ってゆきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA