【素材】FotoliaからAdobe Stockへの移行を勧められ

無料素材は他人と被るので

Webサイトやスライドの素材で無料素材サイトを回るのが面倒になり、月払いなのと、使わなかったクレジットは翌月に移行できることからFotoliaを使っていましたが、ここのところサイトにアクセスするたびAdobe Stockへの移行を求められるようになりました。

Adobe Stockは便利そうだけど・・・

確かにPhotoshopとかのCreative Cloudのツールとシームレスに連携できるのは大きな魅力。
(無料のカンプ画像を入れ込んでから、そのまま購入すると高解像度画像に入れ替えられるとか)
ただネックは年間サブスクリプションになってしまうところでしたが、気がつけばFotoliaの契約ももうすぐ2年になろうとしています。

渡りに船のオファー

今回のAdobe Stockのオファーは唯一のネックであったクレジットの積み残しの移行と、月間クレジットが10点のところ20点になるというオファー!
(ただほとんどが画面表示用のデータなのでFotoliaだと0.5クレジットで済んでしまうのですが)
おまけにFotoliaに月間4,800円払っていたのが、3,480円に抑えられる?!と思わず移行の手続きを進めてしまうのですが・・

クレジットの上限設定と、購入から半年で消滅する?!

移行設定を済ませると、無事Adobe Stockにクレジットが移行され、Adobe Stockサブスクリプション移行契約の画面が出てきましたが、プランの中に穏やかでない表記が・・・

  • 未使用ライセンスは最大120点まで繰り越し可能
  • 日本国外にお住まいの場合、未使用のクレジットは、購入日から 12 ヶ月経つと自動的に有効期限が切れます。日本国内にお住まいの場合は、購入日から6ヶ月経で有効期限が切れます。

フアッ?!
この前のSkypeの一件といい外資は何するかわからないから・・・只今慌ててAdobeに問い合わせを入れております。

追記

Fotoliaのサポートに連絡したところ、下記の返信がありました。

「定期契約(サブスクリプション)」の〇〇点と、「クレジット」は、別のものでありますことをご留意ください。

「クレジット」はプリペイド式でポイントを購入していただくようなもので、こちらは、日本国内にお住まいの場合は、購入日から 6 ヶ月経で有効期限が切れます。

Adobe Stockのサブスクリプションの〇〇点のダウンロード数の有効期限は1年間、もしくは最大120点となります。
例えば、「通常アセット 10 点/月」のプランで、1年間一切画像をダウンロードしなかった場合、13か月目には、130点ダウンロード可能にはならず、最初の1か月目の10点の分が消滅してしまい、120ダウンロードが可能となります。

ぜひ、引き続きAdobe Stockをご利用いただければ幸いですが、Fotoliaに戻りたい場合はご返信くださるようお願いします。

だそうです。とりあえずFotoliaに戻します。

追記 その2

Fotoliaに戻す希望を伝えたところ、このような返事が。

内部で再確認をしましたところ、すでにAdobe Stockに移行されている残りのダウンロード数360(Fotoliaの180)のは、来年の7月25日までご利用可能です。

今後Adobe Stockのサブスクリプション(定期契約)でお支払いが発生する分に関しましては、上限が1年で120となります。

同期継続・解除、ご希望を再度お知らせくださるようお願いします。

残りのダウンロード数は上限なくそのままで1年引き伸ばせるなら、まあいいかな、とも思ったのですが、サブスクリプションを続けないと有効ダウンロード数は引き延ばせないので・・・

そうなると今後利用した分で消化されるのはFotoliaからの移行分が先になるのか、Adobe Stockでの定期契約分が先になるのか、再度問い合わせております。
ああややこしい。

追記 その3

ストックはFotolia分から消化されるとAdobeさんより返事がありました。

返信が遅くなり、申し訳ございません。
確認致しましたところ、お客様の場合、先にダウンロード数が引かれるのはFotoliaから移行された分になります。

なんぜ返信が1ヶ月後だったから、忘れていました笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA