【Bing Webマスターツール】①導入してみる

microsoftの検索エンジンBingの「Googleアナリティクス」 Bing Webマスターツールを導入してみる

アクセス解析の定番といえば、GoogleのGoogleアナリティクスですが、Microsoftの検索エンジンBingでも同様のツールが提供されていることを知り、導入してみました。

Bing – Web マスター ツール

導入にはMicrosoftアカウントが必要です。
(hotmailやoutlook.comのメールアドレスやMicrosoft Officeで使っているものも使えます)
「サインイン」で登録しているメールアドレスとパスワードを入力して進みます。

導入手法

① 分析したいWebサイトのアドレス(URL)を入力する

「サイトの追加」を押すと、下記のような入力画面が出てきます。(入力項目が少ない場合もあります)

基本的にはサイトのURLのみ必須ですが、検索エンジンロボットの巡回を手助けするため、サイトマップ(sitemap.xml)があれば、そのURLも入れておいた方が良いでしょう。

② サイトのオーナー確認をする

Googleアナリティクスと同様、自分のサイトであることを証明する工程ですが、3つ方法があります(いずれか1つでOK)。

  1. BingSiteAuth.xmlファイルをダウンロードしてWebサーバにアップロードする
  2. FTPができる方に限られますが、手っ取り早いです。
    ちなみにファイルの中身は識別子が書いてあるだけの極めてシンプルなものです。

  3. 識別子の入ったMETAタグをトップページのHTMLのヘッダ(HEAD)内に記述する
  4. WordPressをお使いの方であれば、プラグインを使ったり、テンプレートを書き換えたりで対応できます。

  5. DNSサーバに識別子の入ったCNAMEレコードを記述する
  6. ここまでする人はなかなかいないと思いますので、割愛します。

③ 設定完了

これでページ下段の「確認」ボタンを押して、オーナー確認を完了し、設定完了。
下記の画面に遷移すればOKです。

話によれば、GoogleアナリティクスとSearch Consoleを足して2で割ったようなもの?らしいので、これからちょこちょこ使ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA