【長崎で呑む】思案橋でひたすらせんべろに励む

長崎にはあまり昼飲みできるところが多くなく、夜の帳を待つと同時に街に繰り出します。

長崎の0次会はここから。「たたんばあ」

まず伺ったのは助走付けに「たたんばぁ」。
100円おつまみをつまみながらちびちびと。

ここのお目当ては何が入っているかわからないブレンドいも焼酎300円とスーパーブレンド芋焼酎400円(麦もあります)。
ブレンド→スーパーブレンドと続けて飲みましたが正直違いがわかりません。
今度は逆に飲んで違いを探りたいと思います(素直に聞いてみます)。
大分席が奥の方まで来てしまったので(奥の人が帰ったら、どんどん店の奥に詰めてゆくシステムです)、そろそろ助走も終了です。

(前回伺った時の詳細はこちらに)
【長崎で飲む】「たたんばぁ」に行った話

脱力系(癒しともいう)立ち飲み「ばらかもん」

次に向かったのは、同じ思案橋横丁内の「ばらかもん」。昼に通った時にホッピーのポスターが気になっていたのです。

(改めて店構えを昼間に撮り直しました)

白黒セットは500円、中300円。ちょっと高級品ですがキンミヤなので!
店内はカウンターで7人くらい並べます。店主は(美人の)お姉さん。
とりあえずホッピーをいただきながら、お話を伺います。
店の名前は、上五島の青方におばあちゃんがいるんだけど、それとは関係なくなんとなく付けたそうです。

そんな感じで(いい具合に)力加減が抜けたお店なので
今日手伝いに来ていた男の子が(アルバイトではないとのこと。LINEで呼び出された)彼女の誕生日パーティーの準備に忙しく、
部屋の飾り付け用に紙の花(小学校の時にティッシュとかで作ったやつです)を作っていたのですが、
100均ですでに紙が折り重なってるやつが売っていて、それをお客さんと一緒に作るというなんだこのイベント。

気になったのはカウンターに鎮座するイエガーマイスター。
聞いて見ると若い子の間でソーダ割りが流行っているので置いてあるそうで。
個人的には「胃の調子の悪い時に飲むリキュール」くらいの認識でしかありませんでしたが、知らないことは多いですね。

お店が混み合って来たので、最後によく出る、というアイステキーラのショット500円をかっくらって、さあ次の店へ!

ネオ大衆酒場、「金の手羽先」へ

弾みで電鉄の通り沿いで見つけた「金の手羽先」にも飛び込んでみます。新店でしょうか?
こちらもホッピーあり(値段忘れました)。
嬉しいのはこちらも基本スタイルを守ったキンミヤ割り。

手羽が売りだったのですが、揚げ物が食べたかったのでユウリンチーと、あと何食べたっけ?(写真を見ても思い出せません笑)

写真には写っていませんが、後ろの席が団体さんで(カウンター8席、テーブル20席くらい?)
オペレーションがキッチン含めて2名だったので大変そうでした。
とりあえずホッピー1セットでお店を後にします。

行こか戻ろか、でも調子に乗って「思案橋ラーメン」

調子に乗って並びの「思案橋ラーメン」で、爆弾ラーメン700円。
爆弾とはにんにくのすりおろしの大量投下。

いやー、食べた食べた飲んだ飲んだと帰路につくのでした。
後から思い直してみれば、観光通りと思案橋の2駅間(それも駅そば50m半径)で完結してました笑

コンパクトで回りやすいですね。今度は奥の方まで行ってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA